ビジネスコミュニケーション研修 


企業経営・事業運営の次代を担うキーパーソンをいかに育成するか。プラス志向の考え方、能力、情熱を備え、組織内はもちろん、ステークホルダーとのコミュニケーション力をいかに養うか。

事務、営業、接客、介護等、業種業態に拘わらず、そのサービスの根底にあるものはコミュニケーション力なのです。

業務に必要な知識・技能の習得はもちろん、それを活かすための前向きな姿勢・行動力を体得すること、つまりコミュニケーション力を身につけることが重要なポイントとなります。

私たちは、「相手の期待以上を体現する」人材を育成します。











 ◆コミュニケーション力養成研修とは 


     ① コミュニケーションの4つの要素
     

 ② 対象者は業種、業態及び階層等にこだわらず、フレキシブルな構成人員による研修が可能です。

   (例:新人とベテラン、一般職と管理職、正社員とパート・・・etc


③ エンドユーザーと直接接するフロント社員はもとより、企画・計画・事務部門の社員にも高い効果が望めます。


④ 業界の雇用実態、法規制、習慣等の現実を十分に認識した改善のための研修です。


⑤ 業種業態に応じたコアスキル、技法及びその哲学、実践技術を体得できます。


⑥ 社外資産(助成金、専門講師等)の積極的な活用による効率的な研修に取り組みます。